忍者ブログ
2009年度より 社ちょう室 を開きます。今日のT2 より個人的な内容で書き込んでいきたいと思っています。
N響のTwitterから

ブロムシュテットさん、N響を語る
『日本人は情緒が豊かだが、他人を気遣い自身の感情をさらけ出すことを好みません。しかしN響は感性にあった曲を演奏する時、感情の全てをぶつけてきます。N響は素晴らしい発展を遂げています。これからが楽しみです。』
@NHKSO_Tokyo
#クラシック音楽館 https://t.co/NEu8cRndyf


これ以外にも

「自分の死を自覚し、だからこそ3楽章に思いを込め。。。」
「心の耳で音楽を受け止めれば良い」


僕はこのマエストロを敬愛しています。

そして今回の公演
N響でマエストロのブルックナー9番!
聞きたくて聞きたくて
アトリエ休もうかと考えてました。


結局休めず、昨日の放映
楽しみに。。。


コンマスは
ウィーンフィルの前コンマスのキュッヒルさん、ずらりと並んだソリスト級の主席奏者たち

オケだけでも 凄い☆

前回の定演
パーヴォとバボラークさんの共演も素晴らしかった。
でも今回はー
絶対 最高の演奏になるはず!


冒頭で良し悪しがわかります。
数年前に バンベルク響のブルックナー
でもそうでしたが

本当に 神 が舞い降りたような錯覚が起こります。
テレビからの経験は無いのですが
今宵は
冒頭から ふわーっと来ました。

演奏中は
フォーカスがかかったようになり

終演でマエストロが祈るように
手を合わせ

余韻

と同時に
すーーっと 舞い上がっていうように消えていきました。



茫然として
涙が止まらなくて


ただ、素晴らしい。
美しい幻想を見ているようで。。。


来週の放映もマエストロ
楽しみです。








拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 9 10
11 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/27 わい]
[12/21 foresta]
[08/02 Sato]
[06/06 Sato]
[06/06 Sato]
最新記事
(08/13)
(08/12)
(08/04)
(08/02)
(08/02)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
toshizou
性別:
男性
職業:
画塾主宰
趣味:
クラシック音楽鑑賞・旅行
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]