忍者ブログ
2009年度より 社ちょう室 を開きます。今日のT2 より個人的な内容で書き込んでいきたいと思っています。
美しき乳白色
レオナール フジタ


見たことの無い作品も多く
戦争記録画 も避けることなく
展示されてました◎

この人の後半生を思うと
ほんと切なくなり
泣きになりながら見てましたが

4階の作品群に救われた気がしました。


ピカソと同じで
この人も女性を外しては語れないと
思うのですが、
流石にそこはあまり語られずで。。。

下に降りると
西に傾いた陽射しが差し込んで
向かえの 美しい有鄰館が
より美しく


美しい京都
観光客わんさか は しんどいです。
さっさと帰りましたー


拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 14 15 16
17 18 19 21 22
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[04/27 わい]
[12/21 foresta]
[08/02 Sato]
[06/06 Sato]
[06/06 Sato]
最新記事
(05/23)
(05/20)
(05/13)
(05/08)
(05/01)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
toshizou
性別:
男性
職業:
画塾主宰
趣味:
クラシック音楽鑑賞・旅行
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]