忍者ブログ
2009年度より 社ちょう室 を開きます。今日のT2 より個人的な内容で書き込んでいきたいと思っています。
阿倍野の開講時間前に
笹部に買い出しに行きました。

少し時間があったので
高島屋史料館へ

院展と高島屋との関係
主に小品ながら、よくわかる内容でした。

東海道五十三次を
大観、紫虹、観山、放庵でめぐった ドンチャン飲み描き旅

途中でお金が底を尽き
泣きついたのは高島屋だったんですね^^;

お金持って駆けつけたそうで…

いまでは考えられないですが
飯田さんとの深い親交が感じられました。
このあと 大観は 生生流転 を描きます。
この旅がなかったら
この傑作は生まれなかったかもしれません。

そして、再興美術院展
初回の会場は高島屋
大入りの入場者に
大観は感動して、絵を謹呈したそうです。

何度かこのブログでも書きましたが
高島屋
恐るべしです。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 3
5 6 7 8 9 10
11 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[04/27 わい]
[12/21 foresta]
[08/02 Sato]
[06/06 Sato]
[06/06 Sato]
最新記事
(08/13)
(08/12)
(08/04)
(08/02)
(08/02)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
toshizou
性別:
男性
職業:
画塾主宰
趣味:
クラシック音楽鑑賞・旅行
バーコード
ブログ内検索
最古記事
P R
アクセス解析
カウンター
アクセス解析
忍者ブログ [PR]